イヌリンサプリって何だ?

イヌリン(inulin)って言葉、初めて知る方も多いかもしれませんね。

 

犬のオリンピックで、イヌリンピックなんてのもありますからね。家の犬は寝てばかりだから、参加させようかなぁ。

 

と話は変わりますが、イヌリンを初めて聞く方も多いのではないでしょうか。
ここでは、イヌリンが何者なのか、また、なぜイヌリンが血糖値を下げてくれるのかをご紹介します。

 

 

イヌリン。これは、多糖類の一つ。
糖というと、砂糖を思い浮かべますが、構造は似てますが、働きが違うんです。

 

まず、イヌリンは、胃で消化されません。
もっと具体的に言うと、イヌリンを消化する酵素を人間は持っていないのです。

 

つまり、砂糖と異なり、カラダに吸収されない点が異なります。

 

じゃあ、どこで分解されるかというと、腸です。
大腸にいる腸内細菌がこれを食べるんです。

 

だから栄養成分表示は、糖質ではなく、食物繊維に分類されます。

 

イヌリンは、腸内細菌の善玉菌のエサなんです。

 

善玉菌に餌を上げるとなぜ良いのか?

ここが全てのポイントになってきます。血糖値やら中性脂肪やら・・・。

 

私達のカラダは、腸内細菌がいるからこそ、健康でいられるわけです。
その数、100兆から1000兆個です。重さは、1.5キロから2キロ。

 

人間の全免疫の6割は腸内環境でコントロールされてます。
なんで、免疫が腸内に集約されているのか?

 

それは簡単で、人間の大昔の祖先の祖先の祖先・・・・
ず〜〜〜っと追いかけていくと、たどり着くところがあります。

 

行き着くところ。それは、「ヒドラ」です。

 

怪獣ではありません。

ヒドラ

 

ヒドラは、腸と口しかありません。肛門は口を兼ねています。触手は今でいう人間の舌です。
もっと詳しく知りたい方は、専門書に書かれているので、見てみると面白いと思います。

 

人間は、頭より腸の方が先に生まれてきた生き物です。
腸は第二の脳という言葉もありますが、神経細胞が密集しているのは、腸と脳しかありません。

 

その頭脳と対等に存在する腸の存在。
その腸内にいる菌の存在。

 

菌がどれだけ秘めたパワーをもっているかあまり考えたことがないかもしれません。
腸内細菌によって、性格も変わるという論文もあるくらいですから侮ってはなりませんね〜。

 

イヌリンが血糖値を下げてくれるその秘密とは?

イヌリンが血糖値を下げてくれるヒミツ。

 

一言でいうと、
善玉菌が本来の働きをしてくれるからです。

 

本来の働きをしてもらうためには、仕事も同じ。
給料を払わなくちゃいけません。

 

給料はないけど、サービスしろ!もっと働け〜。くたばるまで、残業しろ−−!
ってなことをやっていると、潰れます。動けなくなります。

 

これをブラック企業といいます。
自分のカラダの中で、コレをやっちゃいけないわけです。ホント。

 

善玉菌にちゃんと給料を払わなくちゃいけない。
腸の世界では、紙幣は使えないので、餌をくれてやります。

 

人手(菌)が足りなけりゃ・・・
人手(菌)を増やしてあげる。

 

給料(餌)が足りなきゃ・・・
給料(餌)をしっかり与える。

 

当たり前だよね〜、と思いつつも、実際にはそうなっていない!
だから、気をつけなくちゃいけなわけです。

 

ちなみに、イヌリンが果たすのは、餌の方です。良い餌であれば、菌も増えてくれます。

 

イヌリンの3つの効果

イヌリンは、善玉菌のエサです。
しっかりお腹の中の菌を育てなくちゃいけない。

 

じゃあ、イヌリンはどんな効果があるのか?代表的なものを見ていきましょう!

 

1.血糖値の上昇を抑える効果

食べたものは、腸内に届きますよね。
イヌリンが腸内に届くと、どうなるか?

 

腸内で発酵すると、フラクトオリゴに変わります。

 

ビフィズス菌などの善玉菌は、オリゴ糖が好物なので、ガッツリ食べます。
すると、善玉菌は、短鎖脂肪酸を作ります。

 

おっと、脂肪?
脂肪=余分な脂。これ違いますからね。

 

この短鎖脂肪酸は、いい働きをしてくれる物質なんですよ。

・腸内を弱酸性の環境にすることで有害な菌の増殖を抑制
・細胞の増殖
・肝臓、腎臓などのエネルギー源
etc

一番嬉しいのは、短鎖脂肪酸は、インスリンを分泌する細胞に出すよう刺激してくれるんです。
すると、インスリンが出てくるので、血糖値が上がりにくくなりますよね。

 

イヌリンが食べるインスリンと呼ばれるのは、その理由です。

 

>>血糖値を下げるイヌリンパワー

 

2.腸内フローラの改善

腸内フローラを改善するためには、腸内に善玉菌を増やしていく必要がありますよね。

 

そのためには、しっかり栄養のある餌を与えることですよね。

 

イヌリンは、果糖類ですが、胃では消化できないので、大腸に辿りつきます。
大腸で発酵すると、このイヌリンは、フラクトオリゴ糖に変わり、善玉菌のエサになってくれます。

 

すると、善玉菌は元気になり増えてくれます。
つまり、腸内環境も次第によくなってきますよね。

 

>>腸内フローラを改善して腸活しよう!

 

3.中性脂肪の低下

中性脂肪が増える理由は、必要以上に食べてしまうからです。ココまで!と決められてば良いですが、人間の意志は、カラダの脂肪のことは考えていません。

 

言い方を変えると、食欲を抑制するホルモンが効いていないと、太りやすくなるわけです。
イヌリンは、腸内細菌が作りだす短鎖脂肪酸が食欲を抑制するホルモンを出す細胞に刺激を与えることで、食欲が抑えられるんです。
短鎖脂肪酸。
良い働きをしてくれるヤツなんですよ。

 

>>イヌリンのダイエット効果ってどうなのか徹底調査!

血糖値を抑えるにはいいエサを与える!

血糖値は、血液の中の糖分(ブドウ糖)の量をいいます。

 

血糖値は、インスリンというホルモンが一定に保つように働いています。

 

が・・・・。

 

このインスリンは膵臓(すいぞう)で作られます。
膵臓のβ細胞が作り出します。

 

血糖が増えると、すぐにこのβ細胞が情報をキャッチして、インスリンを作って送り出すのですが、しっかり働いてもらうためには、2つの条件が必要になってくるわけです。

 

インスリン要員

1.要員が沢山いること。
2.要員はしっかり動いて働いてくれること。

言い換えると、

1.人員が少なくちゃ仕事が終わらない。
2.たくさん人員を集めても、寝てばかりいる奴らを集めちゃ仕事が終わらない。

 

1のタイプを1型糖尿病
2のタイプを2型糖尿病
といいます。

 

イヌリンは、腸内環境の中で善玉菌のエサになるため、善玉菌から排出される短鎖脂肪酸がインスリンを分泌する細胞にしっかり指示を出してくれる。

 

これによって、血糖値が余計に増えるのを防いでくれるわけです。

 

イヌリンは糖類なのに胃で吸収されない!
イヌリンとは砂糖やでんぷんなどの糖類の仲間で多糖類の一種です。主に、菊芋、チコリ、タンポポ、ごぼうといった根が付いたものや地下茎の植物によって作られる天然のオリゴ糖の一種です。その中でも、菊芋でのイヌリンの含有率は10%程度と、他の植物と比べてとても高いです。また、私たちの体内では、このイヌリンを分解する酵素がありません。そのため、イヌリンを摂取しても体内では吸収されることがありません。つまり、太らないし、腸内ではオリゴ糖になってくれるので、善玉菌のエサにもなります。

イヌリンサプリの選び方

イヌリンサプリは、数多くありますよね。

 

どれを選べば良いのか迷うこともあるのではないでしょうか。

 

例えば、イヌリンだけを見れば、イヌリンは安くて大量に買えるものもあります。
Amazonや楽天の商品をランキング形式で公表しているケースはそのパターンです。

 

ただ、私もイヌリンを安くて大量に買ったことがありますが、今一つでした。
もちろん、個人差はあると思います。

 

なぜ、そうなるかというと、イヌリンの良さを生かしきれていないわけです。

 

例えば、物凄い絵画の上手い達人がいたとしましょう。

 

絵画を描くには、
・アクリル絵具
・色鉛筆
・筆
・スケッチブック
などが必要になってきます。

 

もし、何もなければ、どうでしょう。
当たり前ですが、イメージは出来ても描くことができないわけです。

 

イヌリンは、血糖値を下げる働きをする優秀な助っ人ですが、やっぱりより効果を発揮できる何かが必要になってきます。

 

その何かはメーカーによって考え方が違います。
このサイトでは、その何かを評価してイヌリンをご紹介していきますよ〜!

 

>>血糖値を下げるイヌリンサプリの王者は?!

イヌリンのお茶の選び方

イヌリンは、サプリと同じく人気があるものとして、お茶があります。

 

イヌリンサプリは、自分で飲む時間を決めたり、忘れないように意識をする必要があります。

 

ただ、普段からお茶を飲んでいる人の場合、これは、強い味方になります。

 

とうのも、お茶の代わりに飲んでしまえば良いからです。飲みすぎ注意はありますが・・。

 

つまり、普段のお茶をイヌリン茶に置き換えるだけ。

 

だから、とっても馴染みやすくて、続けられやすいんです。

 

>>血糖値を下げるイヌリン茶決定戦はコチラ!