血糖値 お茶 注目成分「イヌリン」がスゴイ!

イヌリン 血糖値を下げるお茶

 

今、血糖値の上昇を予防する成分として「イヌリン」が話題になっています。基本的にイヌリンは菊芋・ごぼう・ニラ・玉ねぎといったキク科の植物の根の部分に含まれています。

 

糖尿病の予防など血糖値を気にされる方は是非このイヌリンを試されることをおすすめします。

 

そこで、血糖値対策としてイヌリンが含まれたお茶などが話題になっています。

 

 

◆イヌリン〜お茶の効果
イヌリンは水溶性の食物繊維です。低カロリーでミネラルも豊富に含まれています。血糖値を気にする糖尿病・便秘・ダイエット・肥満・高中性脂肪の予防など健康・美容効果において期待ができます。では、具体的にイヌリンが含まれたお茶を飲むとどのような効果があるのでしょうか。

 

・血糖値の上昇を抑制
菊芋には一般的な芋のようにでん粉は含まれておりません。なので、摂取しても血糖値が上がることはありません。それどころか、天然のインスリンとも呼ばれており、インスリンと同様の働きをしてくれますので、体にも負担なく血糖値を下げていき、HbA1cを改善にもつながってくれます。

 

 

・便秘
食物繊維とあって、胃を通過してダイレクトに大腸まで届くことができます。腸内で水分を吸収することでゲル化され、オリゴ糖になってくれますので一緒に摂った糖質の吸収を抑制させることになります。また、腸内の悪玉菌を退治して老廃物と一緒に体外に排出し腸内環境を整えてくれます。

 

・ダイエット
血糖値を上昇することなく低く維持できるので、インシュリンの脂肪合成を防ぐことができます。さらには、脂肪燃焼を促進するダイエット方法です。 体内への糖の吸収をおさえてくれる

 

 

◆イヌリン茶

 

・ごぼう茶
ごぼうにもイヌリンが多く含まれています。また、ポリフェノールや食物繊維も多く含まれています。特に今、話題沸騰のごぼう茶としては「あじかん焙煎ごぼう茶」です。テレビでも話題の南雲吉則先生が監修されたごぼう茶です。こだわりの高品質な最高ランクのごぼうが使用されたお茶です。特に血糖値を気にされている方は、このごぼう茶を食事をする直前、もしくは食事中に一緒に飲むようにすることで、食べものの糖質の吸収をゆるやかにしてくれて、急激に血糖値上げることを予防できます。
糖尿病で血糖値が高い方には、日常の血糖値管理に活用して頂きたいお茶です。

 

 

 

・菊芋 イヌリン お茶
菊芋の場合、粉末タイプの商品が販売されていますので、お茶、コーヒー、紅茶などの飲み物を始めとして、ヨーグルトや味噌汁、ホットケーキ、そしてご飯を炊く際になど混ぜることで手軽にイヌリンを摂取することができます。きな粉のような感じで少し甘みがあって抵抗なく摂取できます。

 

 

 

イヌリンには、カルシウム、マグネシウムの吸収を助ける働きがあり、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの成分も含まれています。

 

血糖値以外にも、美容や健康に大いに役立ってくれます。
イヌリンを手軽に摂取していきましょう。