イヌリン 副作用・安全性はコチラから!

イヌリン 副作用・安全性は大丈夫なの?

イヌリンは菊芋を始めとしてニラ、ごぼうなどと根や地下茎で蓄えられる多糖類の一種で、
天然のオリゴ糖とも呼ばれています。その中でも菊芋に多くのイヌリンが含有されています。

 

イヌリンの働き
・イヌリンは体内で糖の吸収を抑制する
・食事の後の急激な血糖値の上昇を抑えることができる。
・体内に摂取されてからダイレクトに大腸まで届けることができる
・食後の血糖値の上昇を予防
・水溶性の食物繊維であり、腸内環境を整えて善玉菌を増やすことができる
・血清中脂質濃度の改善

 

イヌリンは血糖値、腸内環境などの効果を持つとあって、
・ダイエット
・便秘の改善
・糖尿病
・潰瘍性大腸炎
など、生活習慣病の予防としても多くの効果が期待できる話題の注目成分になります。

 

そこで、やはり気になるのがイヌリンにおける副作用と安全性ですよね。

 

イヌリン〜副作用・安全性は大丈夫なの?

 

イヌリンの1日あたりの摂取量は、8g~14g程度が目安となります。

 

そこで、1つ注意しなければならない点は、過剰摂取です。
やはり、何でもそうですが、早く効果を出したいという思いから過剰摂取してしまうのは、NGです。

 

というのも、イヌリンは水溶性の食物繊維だけに、いきなりたくさん摂取してしまうと、
身体がビックリしておなかがゆるんでしまったり、逆にお腹がはってしまったりして、
二酸化炭素が発生することでガスが出るといった症状も起こってきます。

 

そのため、イヌリンを摂取する場合は、
少量を摂取して、翌日の様子をみてから増やしていくようにしましょう。

 

つまり、最初は規定量よりやや少なめから始めて、様子を見ながら摂取されることをおススメします。

 

イヌリンの選び方

 

イヌリンの選び方ですが、
1.人工的に抽出されたイヌリンのみで摂取する。
2.菊芋など自然の野菜からイヌリンを摂取する。
の2通りがあります。

 

イヌリンのみの単体で摂取する方法は、特に量や栄養素の偏りには注意した方が良いです。
というのも、イヌリン単体の場合は、通常は、食品添加物で使用されるものです。
そのため、摂取量は守った上で摂取しましょう。

 

菊芋などの自然界にある野菜は、海外では通常に食べられているものなので、
大量に食べることがなければ、大丈夫です。

 

心配な方は、自然界の菊芋を粉末にしたものがあります。
これは、イヌリンの成分の他に、
ポリフェノール、亜鉛、ビタミンB群、ペクチン、セレンなどの
コレステロールを下げたり、燃焼させたり、免疫力をアップ、活性酸素を除去、抗酸化などの複数の栄養バランスが含まれています。

 

なので、菊芋に関しては、大学での研究結果などもあることから、
糖尿病などの生活習慣病や潰瘍性大腸炎の方の場合は、
イヌリン単体で取るよりも、昔から知られている菊芋を粉末にしたものから摂取した方が効果が高いと言えるでしょう。

 

以下は、1日の摂取量も1袋に小分けされているので、規定量を超える心配もありません♪
糖尿病の方やコレステロールが気になる方は、この菊芋の粉末が人気です。特に、ダイエット中の女性はリピータが多いですよ。
>>菊芋の人気ランキングはコチラ!