イヌリン 便秘解消におすすめの本当の理由とは?

イヌリン 便秘解消におすすめの理由とは?

日本の便秘人口は、1200万人を超えています。
便秘で悩まされる方も多いのではないでしょうか。

 

便秘解消ランキングなどの商品を見ても、ほとんどが、「食物繊維、乳酸菌」を謳っているものが多いです。
とても、良い商品も増えてきているのだと思います。

 

実は、私も便秘ぎみになることが多く、某有名なオリゴ糖をヨーグルトなどに混ぜて食べてました。ただ、オリゴ糖の弱点が一つあるんです。なんだか分かりますか?

 

便秘の人がオリゴ糖で良くならない最大の盲点

 

便秘の人がオリゴ糖で良くならない最大の盲点があります。

 

オリゴ糖は、善玉菌は増やすのですが、
同時に悪玉菌も増えてしまうことなんです。

 

オリゴ糖を沢山摂取しているのに、なんかお腹が膨張したり、ガスが出たりした経験ありませんか?
これは、悪玉菌がオリゴ糖を食べた後のガスなんです。

 

だから、オリゴ糖の摂取したからといって、便秘が解消するとは限らないんです。

 

イヌリンは、オリゴ糖と同じ、ビフィズス菌の餌(エサ)です。
でも、イヌリンは、善玉菌しか増やしません。悪玉菌は、抑制するんです。ですので、イヌリンは、オリゴ糖より、実は優等生なんです。

 

イヌリンのすすめ

 

イヌリンンがオリゴ糖、他の食物繊維と異なりオススメする3つの理由

  1. 便を柔らかくする。(便の水分量を20%増加させるという報告)
  2. 便の排泄量が20〜30%程増加する。

    (これは、自分が体験。見ればすぐ分かる(笑))

  3. 乳酸菌、ビフィズス菌の善玉菌のみを増やす。

 

このイヌリン、実際に試してみました。
金の菊芋 イヌリン
そうしたら、翌朝の「うんち」がど〜ん!っという感じで、こりゃスゴイと改めて実感わけです。

 

自分がお伝えしたところで、信頼性に欠けると思われると困る(笑)ので、
実際の研究結果の論文もお伝えさせて頂きます。

 

このイヌリンの便秘解消の効果は、臨床試験でも証明されているんです。

対象者
・排便の回数が1週間に1〜2回
・便が固い

 

方法
・イヌリンを毎日摂取する。

 

結果
・排便回数:1週間以内に70%以上の方が、排便回数が8、9回に増えた。
・便が柔らかくなった。

 

(参考:Am J Clin Nutr 1997 vol. 65 1397-1402 )

 

ちなみに、イヌリンは、
キクイモ、タマネギ、ニンニク、ゴボウ、チコリー、葛芋、アザミ、ヤムイモ
などに含まれています。

 

イヌリンが多く含まれているの植物は?

 

この中でも特に、菊芋(キクイモ)が一番イヌリンが含まれています。

 

茎芋の中でもイヌリン含有量で一番なのが、フランス菊芋です。
摂取するなら、自然なものがベストです。
ですので、フランス菊芋の天然ものを生かした、粉末形状がおすすめです。

 

粉末が苦手な方は、飲み物に入れたり、食事と一緒に混ぜるのも良いと思います。

 

楽天、Amazonなどでも探す手もありますが、カプセル加工(添加物)したものなどが多いため、おすすめしません。
おすすめは、基本、「自然素材」+「無農薬、無添加」です。

 

できれば、粉末なので、パッケージになっている方が、飲みやすいです。便秘解消におすすめのイヌリンサプリは、コチラです。
>>人気No1の便秘解消用のイヌリンサプリ!