イヌリン 食物繊維がダイエット、便秘に良い3つの理由

イヌリン 食物繊維

イヌリンは菊芋、ごぼう、にらといった植物の根の分部に多く含まれています。その中でも特に菊芋の含有量は高いとされており、この菊芋自体がとても低カロリーとあって、とても注目されている成分になります。
そして、このイヌリンはダイエットや便秘を解消する効果が高いと話題になっています。
ただし、規定量の摂取を守れば副作用などの問題もありませんが、過剰摂取をすることで副作用や食物アレルギーを起こすケースもありますので、くれぐれも過剰摂取はしないように注意してください。

 

■イヌリン 食物繊維 〜ダイエット効果

菊芋は低カロリー食品です。また、イヌリンには低インシュリン効果が高く、糖質の吸収を抑制させて、さらには食後の血糖値の上昇までもを予防できます。これによって、体内で脂肪が蓄積されるのを予防でき、さらには体の代謝を上げることができるため、太りにくい体質改善ができます。
イヌリンは、甘いものに目がない方、炭水化物が大好きといった方におすすめです。
イヌリンで理想的なインシュリンダイエットができます。

 

■イヌリン 食物繊維 〜便秘効果

イヌリン食物繊維には、便の排泄量を増加させ、水分を多く含んだ柔らかい便をもたらしてくれます。
イヌリン食物繊維は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を特異的に増やす作用に優れていることです。

 

このように、イヌリンが持つ食物繊維の力がダイエットや便秘の改善にとても期待ができることになります。
そこで、イヌリンの水溶性の食物繊維がどのようにダイエットや便秘に効果的に働きかけてくれる3つの理由があります。。

 

■イヌリン〜食物繊維

イヌリンは水溶性食物繊維に分類される成分になります。そこで、イヌリンの食物繊維がもたらす役割についてご説明したいと思います。

 

★イヌリンの3つの食物繊維効果

 

1)イヌリン食物繊維は、植物中のみに含まれ、海藻、魚介類や動物には存在しない水溶性の食物繊維です。

ムコ多糖類の一種として分類されます。イヌリンを体内に摂取しても、胃などの消化器官では吸収分解はされず、ダイレクトに食物繊維のまま大腸まで届けることができます。そして、腸内では水分を含んだゲル状となって体外に排出されていきますが、その際に、腸内にある悪玉菌や糖分を一緒に外へ排出してくれます。イヌリンを多く摂取すると、最初は腹部膨満感を感じます。

 

 

2)イヌリンは水溶性の食物繊維なので、大腸まで届けることができ、腸内ではビフィズス菌を通常の5倍以上生成させる働きがあります
。要は善玉菌を生成させてくれるということですので、しっかりと腸内環境を整えて便秘を解消させてくれます。

 

 

3)イヌリンが多く含有されている食品としては、菊芋・ごぼう・ニラ・チコリなどがあげられますが、効果を出すための含有量をこれらの食品で摂取することは大変です。
特に菊芋には多くのイヌリンが含有されていると、菊芋の粉末やサプリメントが話題になっています。イヌリンで効果的なダイエットや便秘を改善したい方は利用をおすすめします。

 

 

ちなみに、このイヌリンは、菊芋に一番多く含まれています。
その菊芋の中でもトップクラスのイヌリンの量を含んでいるのが、フランス菊芋です。

 

 

出来れば、イヌリンは天然素材そのものがベストなので、人工加工の少ない粉末がおすすめです。
天然素材でも、農薬を使っていては、体に良いとは言えないので、私は、絶対に「無農薬・無添加」しかオススメしません。
全ての条件を満たすイヌリン粉末なら、「紅菊芋パウダー」が一押しです。