イヌリン どんな食品・食材に含まれている?

イヌリン どんな食品・食材に含まれている?

イヌリンはダイエットを始めとして、
善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれますので、
便秘の解消、さらには、食後の血糖値の上昇を予防してくれますので、
糖尿病のケアとしても役立つ成分になります。

 

イヌリンは植物の根の分部で作られる成分で、天然のオリゴ糖の一種とも呼ばれています。
体内では胃などの消化器官で吸収されいくい成分とあって、大腸まで届けることができますので、水溶性の食物繊維になります。

 

では、そこで、このイヌリンはどんな食品や食材などに含まれているでしょうか。

 

イヌリン〜多く含まれている食品・食材

 

基本的にイヌリンという成分は食品・食材というよりも、植物に多く含まれています。
代表的なものとしては・・・

 

イヌリンが含まれている代表的なもの♪

菊芋
ごぼう
にら
タマネギ
にんにく
チコリ
タンポポ

 

などです。その中でも一番イヌリンの含有量が多いのが「ごぼう、菊芋」になります。

イヌリン菊芋

どれくらい量が多いかというと?

 

≪参考≫

食品100gあたりの含有量(単位:グラム)

  • 菊芋・・・約12.5〜20グラム
  • ごぼう ・・・約3.3グラム
  • チコリ 約0.7グラム
  • ニラ 約0.4 グラム
  • タマネギ・・・ 約0.3 グラム

 

菊芋 食品・食材の紹介

特に、その菊芋はトップクラスのイヌリンの量を含んでいるんです。
また、菊芋は、血糖値の調整に注目されていますが、実は、生活習慣病など(糖尿病、脳卒中、高血圧、肥満、心臓病、潰瘍性大腸炎など)の予防につながる食材なんですよ。

 

特に、中高年になると、肥満や中性脂肪が溜まりやすく、体の新陳代謝も遅くなります。菊芋は、体全体の代謝機能もアップさせる有用成分が含まれてるんため、40代以降の方に人気なんです。特に、ダイエット中の女性は、健康的に痩せられる菊芋が注目されているんです。

 

イヌリンダイエット

 

>>ウエスト12.9cm細くなった理由とは?

 

ただ、菊芋は、毎日取ってこそ、体調が変化するものなので、継続が必要です。ただ、そのまま食べると正直、まずいです。なので、挫折する方が多いのですが、ポイントは、毎日バランスの良い献立です。

 

もう少し手軽に取り入れたい方は、サプリメントが楽です。

 

サプリメントのメリット

献立メニューを毎日考えなくて良い。
継続してイヌリンを摂取できる。
腐ることがないから、長持ち。
コスパがいい
臭いがしない。
・摂取する量は、いつでも調整できる。
旅行先、出張先でも飲める
生産元がはっきりしているので、安心。

 

サプリメントのデメリット

・調理を楽しむことができない。
・サプリが苦手な方。

 

>>人気No1のイヌリンサプリはコチラ!